UberTwitterを使ってみる  Posted by Kuro

先日BIS接続にも対応した多機能twitterクライアント、UberTwitterを使ってみた。
導入後は初期設定が必要だ。

まずはtwitterのユーザー名とパスワードの設定。
「VerifyAccount」でユーザー名とパスワードが間違っていないか確認できるが、利用する回線の設定をまだ行っていないので、この機能は利用できない。

GoogleTalkにステータスをアップするかどうかの設定。
ここはとりあえずオフにしておく。(アップしたい人はオンで)

気をつけるべきなのは次の項目。
自分の現在地の通知に関する設定だ。
とりあえず全部オフにしておいたほうがよさそうだ。

それ以降の項目はデフォルトで大丈夫そうなので、そのまま「Next」を押していく。
 

最後に接続設定を行う。
「BIS-B」を選択すればBISの接続で利用可能になる。
選択後設定を保存すれば完了だ。

このように友人の発言を見ることができるようになる。

メニューキーを押すことで様々な機能を利用することができる。

「Update My Status」は自分の発言を投稿するときに利用する。

また、画像から任意の写真などをtwitterに投稿することもできる。
投稿した画像はUberTwitterからサムネイルを見ることが出来る。
また、一緒に投稿したURLをクリックすることで投稿した写真を開くことも出来る。
  

@自分のアカウント名を選択すると、自分への返信を抽出することが出来る。
自分にどんな発言が着ているのかを見るのに便利だ。

DirectMsgToYouは自分に対して送られたDM(ほかの人には見えない直接やり取りするメッセージ)を表示する。
Viewは選択中の発言を開いて見ることが出来、Replyは選択中の発言者に対して返信を書くことが出来る。
 

ReTweetは人の発言をフォローして再配信するRTという機能を利用する項目だ。
発言を選択した状態でReTweetを選ぶとフォローした状態の発言が準備される。
DirectMessage選択した相手にDMを書くことが出来、MakeFavoriteは後々まで覚えておきたい発言などをお気に入りとして登録することが出来る。
GetLinkは発言を開かずに、直接発言の中のリンクを開く機能だ。
MyFriendsを選択すると、登録した友人の一覧を確認することが出来る。
どんな友達がいたか忘れがちな人には便利かもしれない。

メニューの下半分。

MyFollowersは自分をフォローしている人の一覧表示機能。
Everyoneはtwitterユーザー全員を時系列順に羅列する。
Favoritesはお気に入りに登録した発言の表示、MyTimelineは自分の発言の一覧表示だ。

SearchTwitterはtwitter内の検索機能、TrendingTopicsはtwitter内で盛り上がっている発言を表示してくれる。
駆け足での説明になったが、このように非常に多機能なtwitterクライアントなので、ぜひとも利用してみていただきたい。
ダウンロードはこちらから。